Titanium Mobile 1.6.0がリリースされました(速報→追記しました)

予定通り2月末に出ました。

http://developer.appcelerator.com/blog/2011/02/titanium-mobile-1-6-0-is-released.html

とりあえずこんだけ(^^;

追記(リリースノートの抄訳)

AndroidiPhone環境への1.5.0から300の問題(バグ修正と改善)を解決しています。半数がAndroid、半数足らずがiOS向け、そして残りがドキュメントの問題でした。

Androidの変更点

HTTPのレスポンスキャッシュやそのほかのパフォーマンス改善についてはここのQ&Aを参照してください。

なお、Android API 4(1.6)についてはTitanium Mobile 1.6.0で非推奨となり、1.7.0で除去対象となる予定です。

追加された機能
  • View/Controlの寸法指定に対応した。対応する単位としてはmm, cm, in, px, pt, dp, dip, sp, sipおよび%がある。
  • インテント内でURIを設定することに対応した。これにより録音のようなstreamベースの処理が可能になる。
  • Facebook Graph SDKに対応した。(blog記事参照)
  • Android lifecycleイベントが同期的に呼び出すようになった。*1
  • Android NDKに対するβレベルサポートを開始した。正式対応は1.7.0で行う。(blog記事参照)
  • 位置情報関連のlistenerのデフォルト挙動が変更された。
  • horizontal layoutに対応した。
  • Shake gestureに対応した。
  • SDカードへのインストールに対応した。
  • Samsung Galaxy Tabに(正式)対応した。
iOSの変更点(9機能および大量のバグ対)
  • JSSの改善
  • tiapps.xmlでbackgroundModes要素用いて、バックグラウンドサービスの種別を指定できるようになった。(UIBackgroundMode)
  • tiapps.xmlでrequires要素を用いて、デバイス機能によるインストール制限に対応した。(UIRequiredDeviceCapabilities)
  • リモートイメージのRetina対応(@2x)
  • Facebook実装の刷新
  • Facebook Graph SDKに対応した。(blog記事参照)
Platform Developer向け
  • Android NDKに対するβレベルサポート
  • tiapp.xmlでのModule定義にplatform属性を記述できるようになった。

*1:注記もあるんですが、あとでまとめられたらまとめます